2017年04月15日

聖誕祭〜所 恵美のば、あ、い〜

っつうことで、去年は忘れてた恵美の聖誕祭です。
どうも、反省したゴリラPです。
っつうことで、どうぞ…

「恵美、コレ…」
コンビニ袋を差し出すP。
「何これ?差入れ??」
「うーん、まぁ、その…なんだ、誕生日だろ?」
恥ずかしそうに頬をかくP。
「覚えててくれたんだ、P♪」
「いや、去年に…」
ガン!!
割と強めにPの背中に肘打ちが入った…
「イタっ!?何するんだよ、琴葉?」
「ちょっと、何考えてるんですか!!」
小声でPに苦言を呈する琴葉。
「エレナも何か言ってよ。」
ニヤニヤ見守っているエレナ。
「なになに?何かあったの??」
「きょ、去年は、お祝い出来なかったから…」
「まぁ、何でも良いや…ありがとうP♪」
ニヒヒ…と照れ笑いを浮かべながらコンビニ袋を受け取る恵美。
「コンビニスイーツだけどネw」
「ちょっと、エレナ!?余計なこと言わない!!」
「いいよ、いいよ、何でも嬉しいし…琴葉もエレナもありがとね♪」
去年、担当の恵美の誕生日すら忘れていたP…それを琴葉に正座させられ説教された上に、その姿をエレナに腹を抱えて笑われたのだが、今回も忘れかけていた。
朝に琴葉から釘を刺されて急いでコンビニで買って来たのだった…


お目汚し、失礼しました^^;
改めて、恵美おめでとう*.゚+ヽ(○・▽・○)ノ゙ +.゚*
来年こそケーキ屋さんでケーキ買って来るからね…ゴメンょ>_<


posted by sunafkin at 02:05| 京都 | Comment(2) | TrackBack(0) | アイマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする